girl at a party

三ヶ月後

池にいる女性

キャバクラで働き始めて3ヶ月・・・。ほんの少しですが、わたしは仕事にも慣れてきました♪
最初は、同伴営業も苦手だったし、どのドレスが自分に似合うのか分からず、場内指名をもらうこともできませんでした。このままでは嫌だーーー!と思ったわたしは、先輩キャストとボーイの意見をどんどん取り入れて、いろいろと自分磨きをしたのです。
わたしの自分磨きは、自分が着るドレスは、必ず先輩キャストと一緒に見に行ってもらって、カラダにあったものを着ること。そして、毎日どんなにしんどくても、ありとあらゆる経済誌、そして新聞、お客様からすすめられた本を読むようにしました。
それにより、見た目の変化、そして、トークにも変化が出てきたのです。

また、お客様へのメール営業も、先輩キャストに教えてもらいながら、返信方法を考えました。今までは、大学の授業が忙しいときはメール営業もできていなかったのですが、今はトイレでメイク直しをするときに少しでも返信したり、返しやすいようにフォーマットを作ったりしたのです。
それにより、同伴営業がしやすくなって、同伴して頂ける数も増えました。
おかげさまで、今では指名の数も同伴の数も、かなり良い感じの成績となっています。
もちろん、給料もたくさん頂けるようになりましたよ♪

お金が稼ぎたい!!という方や、目標があってお金を貯めたいと思っている方。そういった方は、キャバクラのお仕事は大変向いていると思います。
お金もためれるし、普段出会えない人とも出会えるので、大変素晴らしい経験ができますよ!
わたしもこの仕事をやっていてよかったなと思います♪

少しでも興味のある方は、ぜひキャバクラの求人について調べてみてくださいね!!

お酒

車の横に立つ女性

キャバクラ嬢になって大変なこと・・・・ある程度想像はしていましたが、慣れるまでは本当に何度もくじけそうになりました。
わたしが一番つらかったのは、お酒です。わたしは元々お酒はわりと飲めるほうでした。
しかし、このキャバクラで出されるお酒は、アルコール度数の高い高級なお酒ばかり。わたしに、お客様を喜ばせることができるトークスキルがあったり、美貌だけでお客様を惹きつけるものがあるのなら、たとえお酒が飲めなくても大丈夫です。
しかし、新人キャストで、普段は普通の女子大生をしているわたしには、そんなスキルはありません。見た目に関しても、なぜ、この高級キャバクラに入店できたのか不思議なくらいです。

なかなかお酒が飲めなくて困っているとき、助けてくれたのは同じお店で働く先輩キャストでした。先輩は、お酒はある程度は慣れだと教えてくれたのです。
先輩は、いきなり癖のあるお酒や、アルコール度数の高いお酒を飲むとしんどくなるから、最初にフルーツの盛り合わせを頼むといいよ!と教えてくれました。キャバクラでは、キャストが飲み食いしたお金は、全てお客様に支払ってもらうことになります。
その中でも、フルーツの盛り合わせは単価が高く、カラダにも優しい食べ物です。
わたしは、フルーツの盛り合わせを頼んでからお酒を飲むようにしたところ、かなりしんどさがマシになりました。仮に吐いてしまったときでも、フルーツの盛り合わせなら吐きやすいんです♪

これは、新人キャストなら一度は絶対に通る道だそうです。お酒に悩んでいる方、ぜひ、試してみてくださいね!

仕送りが

赤毛の女性

集客力がバツグンのお店が多数掲載されてます。高松のキャバクラでがっつり稼ぎたいならここでチェックしよう!

オーマイガッ!!
お金がなくなりました。まさにすっからかん!!
お金がなくなった理由は、単にわたしが遊びすぎたからです。大学のわたしは、親のお金をアテにして、毎日遊び、そしてたくさんの服を買っていました。
そんなわたしに愛想を尽かしたのか、ついに親の仕送りがなくなってしまったのです。きつすぎる・・・。

このまま地味な暮らしをするならば、普通のアルバイト求人でよかったのかもしれません。しかし、生活水準を落としたくなかったわたしは、高収入が目指せる求人をチェックし始めました。
それが、キャバクラだったのです。
実は、元々キャバクラの世界には、興味を持っていました。友達の中でもキャバクラ嬢として働いている子はいます。
ただ、今までは親から送られる仕送りもあったし、キャバクラ求人を探すよりも、居酒屋のアルバイトで十分事足りていたのです。

しかし、今はもう、背に腹は変えられない状況・・・。何とか頑張って、お金を稼ぐしかありません。

わたしは、いろいろあるキャバクラ店の中でも、3つの求人に絞って面接お願いの電話をしました。
A店は、ちょうど出来たばかりのオープニングスキャストを募集していたキャバクラ。B店は、大手でたくさんのキャストを抱えているキャバクラ。
そして、C店は、キャバクラとクラブの間と呼ばれるような、比較的大人しいキャバクラ。

果たして、どの店だと自分に合っているのでしょうか?
これから、キャバクラで働きたいと思っている人のためにも、しっかりとここでレポートして行きたいと思います。

正式入店

笑顔の女性

いろんなお店に体験入店させてもらってから、わたしは、C店に正式入店させてもらうことにしました。

C店の研修はかなり厳しかったです。水割りの作り方、そしてドレスの選び方。
メイクの仕方についても、指導が入りました。

今までのキャバクラであれば、ドレスを着ていればなんでもよかったのですが、C店の場合は違います。C店の場合は、清潔感があり、露出があるドレスを着るように言われているのです。
当然、少しでも似合っていなければ、はっきり似合っていないと言われます。また、胸の谷間も必要です。
貧乳の人であれば、胸の谷間は作りにくくなっていますが、こういったときは、ヌーブラをつけるとすぐに谷間が作れます。オススメなのは、普段のカップよりも1カップ小さいものをつけること。
そうすると、キレイな谷間を作ることが可能ですよ。

最初は、水割りを作るのは難しくてて手こずっていましたが、先輩キャストもボーイも優しく丁寧に教えてくれたので、なんとかお客様の前で恥をかかずに済みました。

このエントリーをはてなブックマークに追加